ドスパラは、9月30日(水)より、Windows 10搭載パソコンとしては最小サイズのサードウェーブデジノス製スティック型パソコン「Diginnos Stick DG-STK1B」を、新価格12,800円(税抜き)にて販売開始しました。

どこにでも持ち運べるWindows 10搭載PC

「Diginnos Stick DG-STK1B」はスティックPCとして、小さなボディに最新機能が凝縮されています。テレビのHDMI入力端子に接続するだけで、テレビがWindows 10パソコンに早変わりします。リビングの大画面テレビでくつろぎながらネットを閲覧したり、動画鑑賞やゲームプレイを楽しむことができます。ビジネスでも、会議室のプロジェクターに接続してプレゼンテーションに活用したり、軽量コンパクト設計を活かして旅行や出張先のホテルの部屋に備え付けのテレビにつないで手軽にメールをチェックする、といった使い方もできるんです。

USBポートx2装備で拡張性も確保。金属筐体で発熱への配慮も

「Diginnos Stick DG-STK1B」は、MicroUSBポートとフルサイズのUSBポートをそれぞれ1ポートずつ備えています。USBハブを使うことなくマウスとキーボードを使用できますし、USB接続の周辺機器を同時接続しての使用も可能です。さらに、金属製筺体を採用して放熱性を向上させています。発熱によってフリーズやシャットダウンが発生することを防ぐ配慮がなされた設計となっています。ファンレスの静音仕様ですので、映画や音楽を静かに楽しみたいときにも最適ですね。

5,000円値下げという驚きの新価格

「Diginnos Stick DG-STK1B」の新価格は12,800円(税抜き)。なんと、Windows 8.1を搭載した前モデルから5,000円値下げしての新価格です。秋葉原のドスパラ本店では「スティックPC新価格発表イベント」を開催するほど、ドスパラとしても力を入れています。この機会にぜひ、話題のスティックPCを試してみてはいかがでしょうか。

Diginnos Stick DG-STK1B

stick_img_stgk1b

新価格 : 12,800 円(+税)

stickbutton2